連合艦隊の命中率/回避率

連合艦隊の命中回避をLv1艦を使って実測してみる。最終更新2016/6/11

<検証方法>
●検証艦
Lv1駆逐/軽巡+連合編成に必要な艦
Lv1駆逐:回避43、運10、装備無、主に初期海域でのドロップ艦で未改造
Lv1軽巡:回避38、運10、装備無、主に初期海域でのドロップ艦で未改造

●疲労度:cond49

●MAP:イベント海域

●手順
初期海域等でドロップした条件に合うLv1の軽巡/駆逐などで連合艦隊を組み、イベ海域に出撃。敵陣形ごと(単縦と複縦)に第一艦隊と第二艦隊の砲撃戦データを取る。初戦が終わったら撤退、条件を整えて再出撃。これを繰り返す。味方駆逐と軽巡の命中は同じものとして合算。攻撃は互いにすべて単発攻撃なのでclで判別。交戦形態(同航戦等)と彼我の損傷状態は考慮しない。

<結果>
各詳細は冗長すぎるのでスプレで

●連合艦隊のLv1艦実測命中率(対単縦と対複縦で差がないと妄想して合算)
連合命中グラフ

●連合艦隊のLv1艦実測回避率
(対複縦、回避43、攻撃側敵艦はイ級・イ級後期・ロ級後期・エリホ・エリへ・フラホ・フラヘで装備命中無、運1~36)
連合回避グラフ


<所感>
●前置き
数が少ないものがあるので注意。
グラフに関してはいくつかのものを合算してあるので注意。
調査が1イベント1陣形ペースなので複数のイベント・アプデを跨いでいることにも注意。

●第一艦隊と第二艦隊について
水上なら第二艦隊、機動なら第一艦隊というように後行砲撃艦隊の方が先行砲撃艦隊に比べ敵味方両者の命中率がよい結果に。程度はともかくとして語弊を恐れずに言えば「後行砲撃艦隊の方がよく当たるしよく当てられる」と言った方がわかりやすいかも。概ねpukiwikiの連合艦隊ページに載っている参照データ通りと言えそう。その上で機動部隊の方が水上打撃に比べ後行砲撃艦隊の命中率がよさそうには見えるがこのあたりはもう少し追試を重ねないと危ない気がする。
イ級に対するものだけを見て連合艦隊の命中率補正は赤疲労/オレンジ疲労の補正と似たような感じかなと思ったが、他のも総合すると先行砲撃艦隊に関してはこちらの方のツイートが正しいかも。通常艦隊での昼砲撃命中の考察をしている方なのでそちらも要参照。リンク先ツイート後段のご指摘通り先行砲撃艦隊の命中率を見ると敵回避50あたりから命中率10%前後で底打ちのようなので、開幕夜戦の陣形調査等他のLv1艦を使った調査結果も通常と連合の差はあれど、この下限らしきものを念頭に置いて見たほうが無難かも。

●第四陣形と第二陣形について
陣形の補正というのは通常艦隊でもまだまだ謎が多い分野なので、組合せ(相性)も含めて連合艦隊陣形に関してもこれだけを見て判断するのはすごく危険だが、第二陣形が複縦陣に相当すると言われてもちょっとピンとこないような…。


何かあればコメントまで。
友軍艦隊ボタンでなぜかエディット機能付き図上演習が好きなだけ出来る、という夢をみたので運営さんお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くうぼをきゅう

Author:くうぼをきゅう
提督:「勝つ確率だけを求めているんじゃ、未来を感じない!」
霧島:「そうですか、なら46砲4つ積みますね」

最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
迷える提督数
リンク
QRコード
QR